くるくるレインボー




NPO法人 手と手
就労支援センター しずく

〒062-0907
札幌市豊平区豊平7条8丁目1−15
TEL:(011)818−0801
FAX:(011)818−0803
メール: tetote@gamma.ocn.ne.jp
□くるくるレインボーってなぁに?

「梅ちゃん」こと梅本春枝さんが2002年にそれまであった工作を発展させ、作ったおもちゃです。

くるくるレインボーが出来るまで

" 「くるくるレインボー」づくりを梅本さんが思い立ったのは2002年秋です。

その年の8月に脳動脈瘤を手術。休養のため、地域の子どもや保育・教育関係者に工作や手品などを教える活動を、半年間休んでいたときです。

ふと手にした10センチ足らずのくるくる回すおもちゃを見て、丈夫なものにと改良を思いつきました。

  オーロラテープを使い、長く、細くしたら「すごい!大きいシャボン玉みたいと自分で感動」。

テープの長さを27センチにしたり、竹ひごの一番上と5.5センチの所をビーズ玉で止めたり・・・。

数百個もつくり、友人も協力してくれ、今の形にたどりつきました。"

くるくるレインボーの知的所有権について

「くるくるレインボー」は、特許、実用新案の知的所有権を得ていません。

これは、作者である梅本さんの考えによるものです。

だって、考えてみてください。ビー玉やおはじき、メンコ、ベーゴマなどの子供のおもちゃに誰が権利を主張するでしょうか。
おもちゃは子供のためのもの、おもちゃを作ったり、売ったりすることを商売にすることは否定しませんが、独占してたくさんの子供が遊ぶことを妨げるのは、大人としてやってはいけないことだと考えています。

ですので、知的所有権の申請を行わなかったのです。
将来、こどものおもちゃのひとつに「くるくるレインボー」が数えられるように、いろいろな人や会社の方に、趣味として、ビジネスとして作っていただきたいと思っています。

 ただし、ふたつお願いがあります。

 ひとつは、しっかりしたものを作って欲しいということです。
「くるくるレインボー」は子供のおもちゃですから、子供が少しくらい乱暴に遊んでも壊れないようにしていただきたいのです。
  もうひとつは、誰であれ、このおもちゃを独占しようとしないで欲しいということです。先ほども書きましたとおり、子供の遊びを独占するのは大人のすることではありません。

※ 商標登録について
上に書きましたとおり商品を独占するつもりはありませんが、他の方に独占されることを防止する意味で「くるくるレインボー」の名称の商標登録だけはさせていただいております。

梅本さんが作成している「くるくるレインボー」には梅の花の形の「梅シール」を使っています。




通称「梅ちゃん」、
子どもたちにはこの呼び名で親しんでもらっています。

梅ちゃんの
   ホームページは
        
こちら
梅本春枝は、保母さんや幼稚園の先生など、お子さんに携わられる方や、リクリエーション団体の方などを対象にワークショップを行っています。 全国くまなくとは言いませんが、北は北海道から南は沖縄まで、色々な地域にお伺いして、子どもやリクリエーションに携わられている方と交流してきました。
















Copyright(C) 2015  就労支援センター しずく  All Rights Reserved